2015ブラジルリポート① Batizado 昇段式

ガファイニョットは10月下旬から一ヶ月、私グァリカーナは11月下旬から約10日間ブラジルに滞在しました。 帰省が目的でしたので少しではありますが、カポエイラに関すること、コハダン・ジ・コンタスの本部道場でのこと、またリオデジャネイロや本部のあるイタグアイーという街についてリポートしたいと思います。

10月31日には年に一度の昇段式が開催されました。
今年も生けるレジェンドたるメストレ方々をご招待、また国内外各支部から多数参加があり大規模な式典となりました。
コハダン・ジ・コンタス日本からも指導陣、生徒の皆さんが参加されました。また、日本人メストレ、コントラ=メストレが新たに誕生しました。こちらについてはぜひCCJのサイトをご覧いただきたいと思います。

そして、名古屋支部代表のガファイニョットはこのたび、コントラ=メストレ(準師範)へと昇段いたしました。
その前のプロフェッソールの帯を通算してどれだけ巻いていたか確認はしていませんが、少なくとも三段位目の帯は8年巻いていたそうです。日本に来てからも、汗と年季で色落ちした帯を何度か染め直したのを覚えています。

「この先のコントラ=メストレはもっと長くなるぞ。」

と、ガファイニョット自ら覚悟を決めていました。

Mestre DecioとGafanhoto
昇段式のジョゴにて Mestre DécioとGafanhoto
Mestre Vagalume、一緒に昇段したCM Bahiano
Mestre Vagalume(中) 一緒に昇段したCM Bahiano(左)